シャンプー

どれが優良なアミノ酸シャンプーかを"1発"で見定める方法

投稿日:

良質なアミノ酸シャンプー
フケにはアミノ酸シャンプーが良いと散々言われていますが、何を基準にして選んだら良いか?どの商品が良いか悩んでしまう事がありませんか?

フケ鳥
@cosmeとかAmazonの口コミ、シャンプー専門サイトのレビューなど観て選んでるかなぁ。

フケ先生
専門用語多すぎて訳分からなくない?

口コミが良いシャンプーが本当にフケを抑える効果があるのかは人それぞれ体質によって効果も違いますし、私を含め一般人には理解不能な専門用語(成分)が羅列されており理解し難いですよね。

アナタの頭皮にマッチするアミノ酸シャンプーはご紹介する事はできませんが、当記事では頭皮に優しい成分が配合されたパラパラとした乾性フケを抑えると言われているアミノ酸シャンプーの選び方をご紹介します。

アミノ酸シャンプーの選び方

それ、本当にアミノ酸シャンプー?

シャンプーのパッケージに「アミノ酸シャンプー」と記載されているだけでシャンプーを選んでませんか??
実はそのシャンプー、アミノ酸成分が少しだけ配合されているだけで市販のシャンプーと殆ど同じ成分が使われている場合があります。

以下のシャンプーは、「ココイルグルタミン酸TEA」というアミノ酸系界面活性剤が含まれていますが、主な成分は「ラウレス硫酸Na」という高級アルコール系界面活性剤という構成のシャンプーになっています。

成分
引用:シャンプー専科

フケ鳥
え?そんなの詐欺じゃん。

フケ先生
少しでもアミノ酸成分が配合されていたら嘘ではないけど、消費者に誤解を与える表記だよね。

そこで必ずチェックしておきたいポイントは、シャンプーの成分表記です。

成分表記は、その商品で多く使われている順番で並べなければいけないルールがあります。そのルールに従ってそのシャンプーには何がどの位の比率で使われているかを確認する事ができるのです。
※配合されている細かな量は企業秘密

では本題。

アミノ酸シャンプーは、アミノ酸系界面活性剤が多く使われているシャンプーを指します。

フケ鳥
でた。専門用語。
フケ先生
ごめん。分かりやすく解説する。

界面活性剤とは、簡単に言えば汚れを洗い流す洗浄成分です。

市販のシャンプーには、高級アルコール系界面活性剤が使用されており洗浄力が高い反面、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまう事でフケが発生しやすい頭皮環境させてしまうデメリットがあります。

アミノ酸シャンプーは、洗浄力が弱めで頭皮に必要な皮脂を洗い流さないというメリットがある事からフケに効く頭皮に優しいシャンプーと言われています。

フケ鳥
アミノ酸シャンプーって書いてある商品なのに高級アルコール系界面活性剤の方が配合されている比率が多かったらブチ切れだな。
フケ先生
でも実際該当する商品多いんだよねぇ。

アミノ酸シャンプーを選ぶ時に観るのは、口コミでもシャンプーに書いてあるパッケージのキャッチコピーでもありません。成分表です。

次項に「アミノ酸系界面活性剤」と「その他の界面活性剤」の一覧を用意しておきました。

実際にシャンプーの成分表を見ると一番多く含まれている成分は「水」で重要なのはその次の成分。ここに「アミノ酸系界面活性剤」が記載されている商品を選ぶのが良いアミノ酸シャンプーを選ぶポイントです。

このリストと購入を検討しているシャンプーの成分を見比べて、アミノ酸系界面活性剤の比率が多く頭皮に優しいアミノ酸シャンプーを選んでみてください。

アミノ酸系界面活性剤

アミノ酸界面活性剤の成分一覧

  • N-ラウロイル-L-グルタミン酸Na
  • コイルアラニンTEA
  • ココイルイセチオン酸Na
  • ココイルグリシンK
  • ココイルグリシンNa
  • ココイルグリシンTEA
  • ココイルグルタミン酸Na
  • ココイルグルタミン酸TEA
  • ココイルサルコシンK
  • ココイルサルコシンNa
  • ココイルサルコシンTEA
  • ココイルメチルアラニンNa
  • ステアロイルグルタミン酸Na
  • ミリストイルグルタミン酸Na
  • ミリストイルサルコシンNa
  • ミリストイルメチルアラニンNa
  • モノアルキルフォスフェイト
  • ラウリルリン酸Na
  • ラウロイルアスパラギン酸Na
  • ラウロイルグルタミン酸Na
  • ラウロイルグルタミン酸TEA
  • ラウロイルサルコシンK
  • ラウロイルサルコシンNa
  • ラウロイルサルコシンTEA
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ラウロイルメチルアラニンTEA
  • 水添タロウグルタミン酸Na

引用:シャンプー鑑定サイト

アミノ酸以外の界面活性剤

アミノ酸以外の界面活性剤一覧

  • アルキル
  • アルチルジメチルアミノ酢酸ベタイン
  • オレイン酸カリウム
  • オレイン酸K
  • オレフィン(C14-C16)スルホン酸Na
  • カリ石鹸素地
  • コカミドプロピルベタイン
  • せっけん用素地
  • ドデシル硫酸Na
  • ドデシル硫酸ナトリウム
  • ミリスチンK
  • ヤシ脂肪酸カリウム
  • ラウリルベンゼンスルホン酸Na
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸TEA
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸塩
  • ラウリン酸ナトリウム
  • ラウリン酸K
  • ラウレス硫酸Na
  • ラウレス硫酸TEA
  • ラウレス硫酸アンモニウム
  • 脂肪酸カリウム
  • 脂肪酸ナトリウム
  • 純石けん
  • 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(LAS)

引用:女性の薄毛研究所

※市販のシャンプーは、洗浄力が強く低価格ですが頭皮を刺激し、乾燥を招く原因となる「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」が多く配合された商品が多く配合されています。

"アミノ酸界面活性剤の比率が高い"シャンプーを選ぶ

ご覧の通り界面活性剤は多くの種類があり、それぞれ成分が異なります。

「アミノ酸シャンプー」と謳われていても、成分を観るとアミノ酸系界面活性剤以外の界面活性剤の比率が高いシャンプーが販売されているケースもあリます。

アミノ酸系以外の界面活性剤が含まれている事は一概に「悪」とは言えませんが、純度の高いアミノ酸シャンプーを購入し最大限頭皮に優しいシャンプーをしたい方は上記リストを参考にシャンプーを選んでみてください。

保湿成分の有無

パラパラとしたフケは洗浄力の高いシャンプーで洗髪する事による乾燥が主な原因です。

アミノ酸シャンプーは頭皮を優しく洗い上げ、頭皮に必要な皮脂を残しながら汚れを洗い流す事ができるという特徴があります。

しかし水圧の強さやシャンプーの温度によっては、余計に皮脂を洗い流してしまう場合があり、別途頭皮の保湿を心掛けたい所。

失ってしまった皮脂を補う為には、保湿成分が含まれているシャンプーを使ったり、頭皮専用の美容液を使う事で頭皮の潤いキープし続ける事が大切です。

保湿成分

  • オウバクエキス
  • オタネニンジンエキス
  • コンフリーエキス
  • パペチュアエキス
  • ビルベリー葉エキス
  • ピロリドンカルボン酸塩
  • ボタンエキス
  • ヤシ油脂肪酸アシル
  • ワレモコウエキス
  • 濃グリセリン

まとめ:フケを防ぐアミノ酸シャンプーの選び方とは

私がフケを抑える為に選ぶアミノ酸シャンプーは以下のポイントに該当する商品です。

優良アミノ酸シャンプーの選び方

  • 成分表を観て、「水」の次に「アミノ酸系界面活性剤」が記載されている商品
  • 保湿成分を有する商品

たったこれだけです。

フケ鳥
で、どのアミノ酸シャンプーがオススメなの??
フケ先生
それは答えられないね。

なぜフケ先生はオススメのアミノ酸系界面活性剤を答えてくれないのかと言うと、人それぞれ最適なアミノ酸界面活性剤が異なるからです。

そんな時は様々なアミノ酸シャンプーを実際に使い、自分の頭皮と相性が良いのかを試してください。

低価格、またはお金がかからずアミノ酸シャンプーを試す方法がありますので、是非参考にしてアナタに合う最適なアミノ酸シャンプーを見つけてください。

-シャンプー
-, , , ,

Copyright© フケ対策を色々試みようと思う。 , 2020 AllRights Reserved.